【トラウデン直美】馬のぬいぐるみの触り心地が本当にフワフワで気持ちいいんですよ。最近はそれと一緒に寝ています。

「森を守ることは私たちの未来を守ることにつながる」を企業メッセージに掲げる王子ネピア株式会社は、「環境省サステナビリティ広報大使」も務め地球環境やSDGsに関する積極的な情報発信を行うモデル・タレントのトラウデン直美さんを起用した、新TVCM「森のnepia篇」を放送開始しました。
CMでは「森のnepia」をテーマに、王子ネピア株式会社が育んできた豊かな森の“ここちよさ”と、その森から生まれた商品の持つ“ここちよさ”をシンクロさせ、地球環境に配慮した商品づくりへの想いを表現。
使用楽曲は、森山直太朗さんの「生きとし生ける物へ」を今回のテーマに合わせて森山さんご本人がアレンジしたオリジナルバージョン。森山さんの世界を包み込むような歌声と、神秘的な森の中で木漏れ日に照らされたトラウデン直美さんが表現する「人と地球のここちよさ」に注目です。

王子ネピア TVCM「森のnepia篇」

濃い霧が立ち込める森の中に白いワンピース姿のトラウデン直美さんが登場。鳥のさえずりに誘われるように大きな岩を避けながら進み、大きな木に手を伸ばし覗き込むと、その先に幻想的で壮大な森の景色が拡がっています。
森で気持ちよさそうに生きるリスや鹿の親子、それにシンクロするかのように気持ちよさそうにティシュを触ったり顔を拭く赤ちゃんや母と子。トラウデン直美さんはティシュを顔に当て、そんな森から生まれたネピアのティシュの心地よさを肌で感じながら幸せそうにほほ笑みます。

トラウデン直美さんインタビュー

Q.撮影の感想を教えてください。

森の中がものすごく神秘的な感じで、水も滴る感じで撮れたので、森の神様も出てきそうなんじゃないかなと思って、すごくいい環境で撮影できたなと思います。

木に寄りかかっているところはすごく森と一体化している感じで、気持ちが良かったのと、あとその時に、「いちごバニラいちごバニラ」ってスタッフさん達がおっしゃっていて、何でそんな可愛いワードが飛び交っているんだろうと思っていたら、レフを入れる布の入れ物のことで、それにほっこりしながら木に寄りかかっているので、ビックリしている様子をぜひご覧ください。

Q.「森の心地よさ」がCMのキーポイントですが、最近感じた”ここちいい”ことはなんですか?

年末に実家に帰ったときに、父が馬のぬいぐるみを買ってくれたんです。というのも一緒に買い物に行った時に私が可愛い可愛いって騒いでいたからなんですけど、その馬のぬいぐるみの触り心地が本当にフワフワで気持ちいいんですよ。最近はそれと一緒に寝ています。

Q.自然豊かな森での撮影でしたが、このような場所でアウトドアをされることはありますか?

森は結構好きなのでよく森には行くんですけど、それこそ富士山も登ったことありますし、あと長野県の飯田市に馬に乗りによく行くんですよ。そこの裏が森なので、ポニーに乗って森の中を駆け巡ったりとかしているので、森は昔から身近なところです。

Q.撮影場所も富士山に近いですが、富士山どうでしたか?

めっちゃきつかった。けど、登り切った時にご来光とか富士山の影が見えるのとかは結構感動しました。

Q.CMの中で「わたしは、森の心地よさを選びます」というナレーションがありますが、トラウデンさんがティシュやトイレットロール選びで意識していることはありますか?

まさに心地よさの部分かもしれないです。私はやわらかい方が好きなので、なるべくやわらかいものを選んでいます。

Q.CMの全国オンエア開始の4月に合わせ、新生活が始まる方、新社会人や新入生に向けて何かメッセージをいただけますか?

私個人的に4月って結構しんどくなっちゃいやすいんですよ。新しいことがいっぱい始まって無意識に頑張ってしまうから。きっとそういう人いると思うので、4月は特に心地よさと力をちょっと抜くっていうのを意識して、程よく頑張っていきたいと思いますので、皆さんも一緒に程よく頑張りましょう!

Q.最近何か始めたこと、もしくは4月から新たに始めたいことなどはありますか?

実は挑戦したいことは山ほどあってどうしようって感じで、どこから手をつけようって感じなんですけど、今年からお芝居とかやっていきたいなと思っているので、そういうところを勉強していきたいと思っています。あと、昔から馬が好きで、15年ぐらい馬に乗っているんですけど、今年はちょっと大会とか出て、結果を残せたらいいなと思っています。

撮影エピソード&メイキング

撮影は富士山の麓にある神秘的な樹海で行われました。小雨が降る濃い霧の中、木漏れ日がトラウデン直美さんと純白のワンピースを神々しく照らし、岩と岩の間を軽々と動き回る姿はまるで森の妖精のようで、スタッフから思わず「きれい…」という声があがりました。

しかし、カメラが回っていない時間は無邪気にセミの抜け殻を拾ったり、ダンスを踊ったり、横の岩に飛び移ったりと、自然の中で伸び伸びと楽しまれている様子で、スタッフ含め終始和やかな撮影となりました。

屋外での撮影シーンが多く、天気や気温が心配されましたが、いざ撮影が始まると監督の指示を完璧にこなすトラウデン直美さんの集中力で、撮影はスムーズに進行。そのスピード感にトラウデン直美さんご自身も驚いていました。

王子ネピア TVCM「森のnepia篇」メイキング映像


トラウデン直美

トラウデン なおみ
1999年4月21日生まれ(24歳)。京都府出身。

関連記事

ページ上部へ戻る