【野沢雅子さんインタビュー】MEGA BIG新CMに非公式キャラクター「メガビッくん」が来店!?まさかの本人登場!

先輩のスリッパを燃やしていた!?劇団時代・18歳のヤンチャな野沢さんの写真も公開

スポーツくじ「MEGA BIG」のCMキャラクターである女優の石田ゆり子さんが、非公式キャラクター「メガビッくん」・野沢雅子さんと共演する新TV-CM『非公式キャラクター』篇を2022年8月20日(土)より全国で放映中。
 2019年より放映のTV-CM『あの人もBIG』シリーズでは、BIGオリジナルのエプロンに身を包み、BIG売り場の店長に扮した石田さんのもとに様々なお客様がやってきます。
 この度放映される『非公式キャラクター』篇では、「メガビッグの魅力を伝える非公式キャラクター」と名乗る怪しいキャラクター・メガビッくんが登場。「12億を手に入れて公式キャラクターになり、憧れの野沢雅子さんにアテレコしてもらうこと」をメガビッくんが夢見ていると、まさかのご本人登場。驚くメガビッくんと、思わずサインを求めてしまう無邪気な石田さん、そんな二人に対して気さくに話しかける野沢さんの不思議な組み合わせが見どころのCMです。

MEGABIG 非公式キャラクター篇

 石田さんが店長を務めるBIG売り場に、自ら「メガビッグの魅力を伝える非公式キャラクター」と名乗る怪しいキャラクター・メガビッくんが来店。思いもよらぬ来客に驚きながら「非公式キャラクター…?」と疑りながら問いかける石田店長に対して「勝手にやってるだけ!」とメガビッくんが勢い良く答えます。手作り感あふれる姿に改めて「たしかに公式っぽくはないですよね…」と石田店長。「もし12億あれば…」とつぶやきながらメガビッくんの頭の中では、野沢雅子さんにアテレコをしてもらい、公式キャラクターとして一躍有名になる姿を思い浮かべます。すると「それ、いい夢ね!」と聞き馴染みのある声が。石田店長とメガビッくんが振り返ると、そこには野沢さんの姿。まさかのご本人の登場に二人は驚きます。野沢さんが「公式キャラクターになるんだぞ!」とメガビッくんに声をかけると、石田店長が「サインください!」と色紙を差し出し、メガビッくんを驚かせます。

野沢雅子さんインタビュー

・本日の撮影の感想は?

私、このシリーズを見ているんです、テレビの中で。だから、初めてという気はしないし、常に一緒にいたという感じがしたので、すごく楽しかったし、やりやすかったし、一番楽しいというのが良かったかな、うん。楽しめるっていいことじゃないですか。

・石田さんとの共演の感想は?

いいですね、いい感じの方ですよね。私、(石田さんが)好きなんですよ。柔らかいじゃないですか、感じがとっても。それで親しみやすいし、入りやすいですよね。なんかぽっと声をかけても、すぐに返事がぱーっと返ってくるような気がする。

・メガビッくんのこの風貌はどうですか?

かわいいじゃないですか。いいですよ。とっても。

・もし12億円あったら何かやりたいことはありますか?

私、舞台が好きなもんですから、(舞台)小屋をつくりたいですね。12億でできるような小屋を。電源とかいろんなものを、セットもできちゃってというのがやりたいですね、私。舞台が大好きなもんですからね。

・よく舞台を観に行かれるんですか?

最近はこうなった(コロナ禍)じゃないですか。だから行かないですけどね。前はよく(舞台を観に)行っていました。

・非公式キャラが公式キャラになり有名になることを夢見ているCMになぞらえて、野沢さんがかつて抱いていた夢はありますか?

私の夢というのは、小さい時から役者一筋です。これからも変わることはないと思いますよ。ちょっと気軽な気持ちでこんなものやってみたいなというのはあるかもしれないですけど、一生変わらないと思います。役者でいくというのは。

・役者になろうと思ったきっかけは?

私の叔母が松竹蒲田時代に大スターだったんですって。叔母は自分の跡を継がせたかったらしいんですよ、姪っ子に。それで叔母が、自分が(野沢さんの)マネジャー代わりみたいな感じでやったもので、私、赤ちゃんのときから(役者を)やっているんですよ。
小さい時から、舞台はかなりやっていましたし、(舞台が)大好きだったです。舞台やったらお客さんの反応が肌で感じ取れるというのが一番いいわけですよね、舞台はね。拍手なんかくると、もうたまらなかったですよね。小さいながらにね、うわーなんて思って。

・このお写真はだいたいおいくつぐらいの時ですか?

それはね、18歳ぐらいじゃないかなと思うんです。もう劇団にいました。稽古場に毎日のように、暇さえあったら劇団に行ってて、何かやっていましたね。
1つだけすごい思い出があるんですけどね、真冬で寒いときストーブに薪を焚いて、やる(温める)わけです。ストーブに焚く薪がなかったものですからね、だから、先輩のスリッパがいっぱいあるんですよ、まだ来てないから。私は先輩のスリッパを全部持ってきて(薪の代わりに燃やして)、よく燃えるんです、ゴムはね、臭いもしないし。(後から)みんな先輩が来たとき、「あれ、俺の、私の上履きがない」なんて、「すいません、燃しました。だって寒くていられないんですよ。」と言ったら「あ、そうだったの」と怒られなかったですね。

・最後に視聴者の方にむけてメッセージをお願いします。

私、いつでも見どころと言って必ず答えているのが、私が最初の出るところだったら、ぱっと私が映りますよね。まずそこから最後に消えるまで、目を皿のようにして見てくださいとお願いをするのが、いつもの私のパターンなんです。よろしくお願いします、今回も。

MEGABIG 非公式キャラクター篇 CMメイキング映像

野沢雅子

のざわ まさこ
1936年10月25日生まれ(85歳)。東京都出身。声優、女優、歌手。

関連記事

ページ上部へ戻る