【横浜流星さんインタビュー】「結婚、仕事、家族」未来を思い描く朝【日鉄興和不動産 新CM「人生が動き出す」篇】

マンションを買う。そう決めたときから人生が動き出した…気がする

日鉄興和不動産株式会社は、俳優の横浜流星さんを主人公にした新CMシリーズ第1弾「人生が動き出す」篇を2022年8月20日(土)より放映いたします

「人生が動き出す」篇

人生初のマンション購入を決心した主人公(横浜流星さん)の朝の身支度のシーンからストーリーは始まります。やわらかな朝の光の中、洗面台の前で鏡を見つめる主人公の心の声とシンクロするように、「結婚」「仕事」「家族」…と、主人公が思いを馳せる未来のシーンが描き出されます。「よしっ」とスーツ姿に身支度を終え、『LIVIO(リビオ)』のパンフレットを手に会社へ。いつもの朝をいつもとは少し違った前向きな気持ちとともに歩み出す主人公です。
 シーンは変わり、オフィスの休憩時間。熱心にリビオのパンフレットを読み込む主人公・横浜さんでしたが… 向かい合って座る同僚女性にひとこと、「一緒に買う?」と語りかけます。__「人生が動き出す_朝」篇(30秒)ストーリー。60秒篇では、そのひとことに至る背景を描写します。その真意は?…動き出した主人公のストーリー。今後の展開にも是非ご期待ください。

横浜流星さんインタビュー

「マンションのこと」「未来の暮らしのこと」について語っていただきました。

Q.横浜さんが、マンションを買うなら?
「駅から近い賑やかな場所」 or 「駅から離れても静かな場所」?

 自分は、静かな方がいいですね。普段、たくさんの方々と会っているので、自分の気持ちを切り替えるために静かなところがいいなと思っています。


「眺めのいい高層階」 or 「庭付きの1階」?
 庭付きの部屋がいいです。外の空気を感じたい時に、気軽に出られるのがいいなと思うし、将来、結婚して子どもが生まれた時に、子どもと遊べる広場があるとすごく素敵だなと思ったので自分は庭付きの部屋がいいですね。

Q.リビオの良いと思ったところは?

 今回のCMでもあったんですけど、在宅ワークができるとかキッチンに工夫があったりだとか、そういうところは素敵だなと思いました。

Q.家でのお気に入りの過ごし方を教えてください。

 自分は、映画やドラマを観たり本を読んだり、あとは格闘技が好きなので格闘技の映像を観たりとかして有意義に過ごしています。

Q.リビオ ライフデザイン・シミュレーター*の「マンション座右の銘」は何でしたか?

 マンション座右の銘は…「人生は夜と昼で出来ている」でした。率直な感想は…その通りだなと。

Q.「リビオの未来の暮らし」の大胆予想、どう思いましたか?

 自分の理想でしたね。楽しそうな未来が予想できるようなシミュレーションの結果が出たので、こんな未来になったらいいなって思っていました。

横浜流星さんインタビュー

「人生が動き出す」篇 メイキング

横浜流星

よこはま りゅうせい
1996年9月16日生まれ(26歳)。神奈川県出身。
 2012年『仮面ライダーフォーゼ』にてテレビドラマ初出演。2014年『烈車戦隊トッキュウジャー』にてヒカリ/トッキュウ4号役で出演。2019年はTBSドラマ「初めて恋をした日に読む話」で髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役で話題に。今年はドラマ「DCU」「新聞記者」、映画「嘘喰い」「流浪の月」に出演。
 今後主演映画「アキラとあきら」「線は、僕を描く」「ヴィレッジ」の公開が控えている。
 「2020エランドール賞」新人賞、「第43回日本アカデミー賞」新人俳優賞受賞、「第15回ソウルドラマアワード」アジアスター賞。

関連記事

ページ上部へ戻る