【吉高由里子さんニッチェさんインタビュー】ディズニープラスに大興奮!笑って泣いてのお泊り鑑賞会【J:COM 新TVCM 「お泊り」篇】

初対面と思えないくらい体を密着させて何テイクも撮った

J:COMの新CMは、ニッチェの2人が吉高さんの家に遊びに行き、3人でディズニープラスの作品を鑑賞するストーリー。ニッチェの笑う・泣くの感情が爆発します。あまりの楽しさに、もう1泊をお願いする2人に吉高さんも困惑しつつも、仲良く楽しむ3人の様子を通して、多彩な作品をそろえるディズニープラスが最大6カ月無料で利用できるJ:COMの魅力をお伝えします。

「お泊り篇」

吉高さんの自宅に遊びに来ているニッチェの2人。ディズニープラスの作品を一緒に鑑賞するも、江上さんはハラハラする展開に興奮して身を乗り出し、トレードマークの髪形で吉高さんの視界を遮ってしまいます。一方、近藤さんは感動するシーンが来ると嗚咽(おえつ)しながら大号泣。そんな2人が気になってなかなか集中できない様子の吉高さん。最後にはニッチェの2人が、ディズニープラスの楽しさから離れられず「今日泊ってもいい?(江上さん)」「お願い!(近藤さん)」と家主の吉高さんに懇願するシーンも。そんな目を輝かせる2人に吉高さんは「もう7泊目だよ!」と思わず本音が漏れてしまうのでした。

吉高由里子さん、ニッチェ(江上さん・近藤さん)インタビュー

―――CM撮影の感想をお聞かせください。

吉高さん:(ニッチェさんとは)初対面なんです。(共演が)今までかすりもしなくて、本当に初めましてになるんですけど、すごく楽しい時間を過ごさせてもらいました。

江上さん:そんなに初共演を強調しないでいいですよ(笑)。

―――お互いの印象はどうでしたか?

江上さん:(吉高さんは)もう大女優ですよ。いつもドラマで拝見しています。最初ドキドキしたんですけど、撮影前に廊下でお会いしたときに、吉高さんが「いつも見てます」って言ってくれたんです。我々みたいなものに。

近藤さん:事務所の動画で吉高さんのインタビューをたまたま見て、むちゃくちゃ面白い人だと思っていたので、会うのをとても楽しみにしていました。そしたらやはり変な人でしたね(笑)。

吉高さん:ニッチェの2人はバラエティーとかで見ていると本当に仲が良いですね。現場でもお互いを励まし合ったり、アドバイスし合ったりしているのを間近で見て、本当に仲が良いと思いました。

―――お泊り会でのトークテーマは?

吉高さん:最近本当につらかった仕事の話とかしますね。春菜(ハリセンボン)とかと何が今までつらかったか?などを話します。あと、ロケ弁は何が好きかとか。

―――最近ハラハラドキドキしたことは?

江上さん:息子がイヤイヤ期で。保育園から家に帰りたくないみたいで。お迎えに行くと、保育園のマンションの入り口で、「お願いだから、頼む!」って子どもを引きずり出しているんですよ。帰るのが嫌みたいで。あまり引きずると泣いてしまい、私がひどい親に見えてしまうので「違いますよー」って顔もしなきゃいけないですね。

―――最近大号泣したことは?

近藤さん:最近は動画を見て泣くことが多いですね。オーディション番組を見て「よかったねー」って泣いちゃう。

江上さん:育てたりするのが好きなんじゃない?オーディションで人が育っていく感じが。

近藤さん:ちょっとドキュメンタリーチックなのが好きだから、もうそれだけで泣いちゃう。

―――J:COMならテレビでディズニープラスが楽しめますが、いかがでしたか?

吉高さん:楽しみが増えるというか、リビングで始まるイベントが増えますね。

近藤さん:みんなで大きい画面で見られるのがいいですよね。家族と共有できるのがうれしいです。

―――お好きなディズニープラスの作品は?

江上さん:私は『モアナと伝説の海』が好きなんです。7回くらい見ましたね。近藤さんが遊びに来てくれたときに、たまたまDVD借りてて「これすごい良いから見よ」って一緒に見ました。

近藤さん:だって(江上さん)出てたもん。

江上さん:出てないよ。似てる髪質と体形のキャラクターがいるけど。映像美がすごいから大きい画面で見てほしいですね。

吉高さん:歌とかもすごい良いですよね。

近藤さん:私はマーベル作品が大好きです。特にディズニープラス限定のものですね。例えば『ロキ』とか『ホークアイ』とか。入会しなきゃ見られない、映画館じゃ見られないのでお薦めです。

吉高さん:私はPIXARの作品が好きで、『トイ・ストーリー』が好きです。おもちゃの世界に心があると思うと不気味に感じて、「怖い」とか思っていた時期もあったんですけど。この作品を見てから「本当は会話しているのかもしれない」と思うようになってから、おもちゃが怖くなくなりましたね。

―――CMの見どころを教えてください。

近藤さん:まさか初対面と思えないくらい、楽しい雰囲気の映像になっています。

江上さん:まさか初対面と思えないくらい、体を密着させ、その状態で何テイクも撮ったという。それがあってより仲良くなった感じはありますね。その3人の密着感、仲良し感をぜひ見ていただきたいですね。

吉高さん:初めてマイホームに呼んだお客さんです。ワイワイとやって。江上さんは人の家にあがるということで、足の裏の角質ケアまでしてくれて。

江上さん:(足の裏を見せながら)きれいにしてきました。人の家にあがるということで。

吉高さん:すごいですよ。このやる気。3人で楽しく過ごしている8日間という設定です。皆さまも作品に浸っていただけるような、夏になればと思います。夏休みを満喫してください。ありがとうございました。

メイキング見どころ

 今回のメイキングでは、ニッチェの2人の本番前の楽屋に潜入。江上さんのトレードマークの髪形ができるまでに密着すると、髪を丸める作業は江上さんご自身しかできないことや、スタイリングのポイント、髪形の正式名称を解説してくださいました。
 さらに、ニッチェの2人が仲良くロケ弁を選んだり、台本を確認したりなど普段は見られない撮影の裏側が盛りだくさん。特にお互いの演技部分を確認し合うシーンは2人の仲の良さが垣間見え、必見です。今回、初共演の吉高さんとニッチェの2人。吉高さんとの初顔合わせを前に江上さんの緊張している様子もうかがえます。しかし、撮影が進むとすぐに打ち解けた様子の3人。撮影中のスタッフとの雑談では、3人で身を寄せ合って笑う場面もたびたび。吉高さんは江上さんの髪形が気になるようで、撮影中何度も笑顔で触っていました。今回はそんな3人の和気あいあいとした楽しいメイキングとなっています。

J:COM TV「お泊り編」メイキング・インタビュー

吉高由里子

よしたか ゆりこ
1988年7月22日生まれ(34歳)。東京都出身。

<出演作品>
映画
2017年「ユリゴコロ」
2018年「検察側の罪人」
2020年「きみの瞳が問いかけている」
ドラマ
2019年「わたし、定時で帰ります。」
2020年「知らなくていいコト」
2020年日曜劇場「危険なビーナス」
2021年「最愛」
2022年「風よ あらしよ」

ニッチェ

江上敬子(えのうえけいこ)
1984年9月17日生まれ(37歳)。島根県出身。

近藤くみこ(こんどうくみこ)
1983年1月4日生まれ(39歳)。三重県出身。

<経歴>
「第2回お笑いハーベスト大賞」優勝(’11)
「平成23年度NHK新人演芸大賞」受賞(’11)
「NHK『オンバト+』第3回チャンピオン大会」進出(’13)
「THE W決勝進出」(’17/’18)
「歌ネタ王決定戦2018」決勝進出(’18)

関連記事

ページ上部へ戻る