【美山加恋さんインタビュー】本物の探偵顔負けの演技を披露「芝生に映った映像の色合いに感動」【川崎競馬新CM】

川崎競馬は、ネットシフトが進む中、全国の競馬ファンにもっと川崎競馬の世界観を楽しんでもらいたいという思いから、昨年「川崎ミステリー」というキャッチコピーを開発。
「川崎ミステリー」シリーズ第2弾となる今回のCMは、謎の挑戦状を受けた美山探偵が、鋭い洞察力で山のような資料と格闘しながら、川崎競馬にまつわる謎解きをスリリングに展開していくストーリーです。美山探偵の謎解きシーンはもちろん、川崎競馬の誇る巨大なドリームビジョンに向き合うシーンは圧巻の迫力。さらに、映し出される疾走感あふれるレースシーンにも注目です。

川崎競馬2022年度 コンセプトムービー【川崎ミステリー2022】

【2022川崎競馬CM】川崎スパーキングスプリント・関東オークス 篇

美山加恋さんインタビュー

Q:CM 撮影を終えて率直な感想と、一番印象的だったことや苦労したことなどお聞かせください。

とても楽しかったです!夜の川崎競馬場での撮影が印象的でした。夜の競馬場は初めてみましたが、大きなビジョンに映し出される映像の色味が芝生にも映って、とても綺麗で感動しました。

Q:今回「川崎ミステリー」の謎を解いていく探偵を演じられましたが、自身の“これは謎だな”という行動や考えなど、「美山ミステリー」はございますか?

右投げ左利き。昔私のウィキペディアにそう書いてあったのを思い出し最近改めて確認してみたら本当に右投げの左利きでした。この情報を書いた方はどこで知ったのか、謎だらけです。笑

Q:「推理を止めるな!」とのセリフがありましたが、美山さんの中で最近の止められないことや、やめられないことはございますか?

「コーヒーを飲む手が止まらない」です。私がコーヒー好きなのをスタッフさんがリサーチしてくださっていたのか某コーヒー屋さんのコーヒーサーバーを差し入れしてくださり、撮影中もずーっとコーヒーを飲む手が止まりませんでした。

Q:競馬では様々な馬が走りますが、自分の馬に名前を付けるならどんな名前にしますか? また、名前の由来を教えてください。

ポンタ。あまり速くなさそうなかわいい名前を付けて、実際走ったらめちゃくちゃ速くてかっこいいというギャップをつけたいですね。

Q:声優でもご活躍の美山さんですが、正確なアクセントをお調べになっておりましたがどこのセリフになりますでしょうか?またどういったところが、難しかったでしょうか?

各レース名があまり言い慣れず、秒数に収めながら聞き取りやすいように言うのが難しかったです。

Q:最後に、新 CM をご覧になる皆さまに向けてメッセージお願いいたします。

セットの写真、背景、照明など細かいところまでこだわって作った新CMになっています。競馬を愛する競馬ファンの皆様、そしてまだ競馬のことあまり知らない皆様にもこのCMを楽しんでもらえたらとても嬉しいです!

撮影のこだわり

 今回のCMは、探偵事務所のシーンにも数々のこだわりを詰め込み作成されました。ロケ地となったのは知る人ぞ知る世田谷区内の登録有形文化財「萩原邸」。約100年前に、日本を代表する建築家 遠藤 新氏が設計した家屋です。撮影にあたって美術部こだわりの逸品と調度品が所狭しと埋め尽くされ、味のある「探偵事務所」が完成。とりわけ、謎解きの鍵となる大量の調査資料をクリップしたボードはCMの中でも圧倒的な存在感を発揮しています。
 こだわって作り上げられた独自のミステリアスな雰囲気で視聴者を釘づけにする演出も見所の一つです。6月、いよいよミステリーが走り出します。みなさまも楽しんでご覧いただき、ぜひ、ご一緒に謎解きを。

美山加恋

(みやま かれん)
1996年12月12日生まれ(25歳)。AB型。
04年フジテレビ系ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」で子役として注目される。06年のNHK連続テレビ小説「純情きらり」では宮崎あおい演じる桜子の幼少期役。16年のテレビアニメ「エンドライド」ヒロインやプリキュアシリーズの宇佐美いちか/キュアホイップ役など声優としても活動。22年のテレビ東京「花嫁未満エスケープ」で堀田マミ役、ABCテレビ「今夜、わたしはカラダで恋をする。」で野宮莉子役、日本テレビ「受付のジョー」で熊本淑子役で出演。
趣味は漫画、カメラ、キャンプ、コーヒー。特技はフラダンス、韓国語。

関連記事

ページ上部へ戻る