【中尾明慶・仲里依紗】“嬉しいけど嫌”という複雑な指示を見事な表情で表現!

中尾明慶さんと仲里依紗さんが夫婦で出演する、Uber EatsのCM「やっぱりUber Eatsで、いーんじゃない?」シリーズの新作となる「100万人目篇」と「団子篇」が公開。
4月に公開された第1弾シリーズ「ドラ猫篇」「炊飯器篇」に続く新作となり、日常のちょっとした場面で一度はUber Eatsを使おうとするものの、やっぱりやめようと判断したお二人が、新たな予想外のハプニングに巻き込まれていく内容です。

やっぱり Uber Eats で、いーんじゃない? 100万人目篇

家でたこ焼きパーティーの準備をしている中尾さん・仲さん演じる夫婦。卵が足りないと言う仲さんに、中尾さんは「Uber Eatsで、いーんじゃない?」と提案しますが、仲さんは急ぎ足でスーパーへ向かいます。しかしスーパーに駆け込んだ途端、頭上で『祝来店100万人目』のくす玉が割れ、仲さんは店員やダンサーから盛大な祝福を受けることに。帰りの遅い仲さんをよそに、中尾さんはUber Eatsで材料を取り寄せてたこ焼きパーティーを始めようとしていました。笑顔のダンサーたちに突然胴上げされ、困惑する仲さんの表情が見どころのCMです。

やっぱり Uber Eats で、いーんじゃない? 団子篇

家のソファーでゲームをしている二人。何か甘いものが食べたいと言う中尾さんに対し、仲さんは「Uber Eatsで、いーんじゃない?」と提案しますが、中尾さんは近くの団子屋に向かいます。しかし団子を買って振り返った瞬間、そこにはなぜか犬・猿・キジの一味が。「鬼退治へ、さあ!」と誘われた中尾さんは断りきれず、一緒に鬼ヶ島へ行くことに。ボロボロになって帰ってくると、仲さんは既にUber Eatsで頼んだスイーツを食べているところでした。武将のようなリアル桃太郎になった中尾さんの演技にご注目ください。

撮影エピソード

「100万人目篇」のCM内ではサンバ隊のダンスに困惑している仲さんですが、撮影中はカットがかかると楽しそうに一緒に踊ったりする様子も。胴上げのシーンでは、監督から “嬉しいけど嫌”という複雑な指示を出されますが、それを見事な表情で表現し、ご本人も笑いながらリプレイを見ていました。「団子篇」で実際に動物と一緒に撮影するシーンでは、わんちゃんが興奮してしまいなかなかカメラの方を向いてくれないことも。中尾さんは時折「りくくん〜」とわんちゃんの名前を呼んで注意を引くなどし、撮影の雰囲気を和やかにしてくれていました。

ロケ地情報

「100万人目篇」のスーパーは神奈川県海老名市にある「スーパー生鮮館 TAIGA 海老名下今泉店」のようです。また「団子篇」で登場する団子屋は埼玉県川越市の蓮馨寺(れんけいじ)境内にある「名代焼だんご松山」さんのようです。

やっぱり Uber Eats で、いーんじゃない? メイキング映像第二弾

中尾 明慶

(なかお あきよし)
1988年6月30日生まれ(35歳)。東京都出身。
2001年にドラマ『3年B組金八先生』に出演し、注目される。近年の主な出演作品は、ドラマ『六本木クラス』『PICU 小児集中治療室』(2022年)、『ばらかもん』『ハイエナ』(2023年)、映画『そして僕は途方に暮れる』(2023年)、舞台「斑鳩の王子 戯史-聖徳太子伝- 」(2024年)など。また、月~木曜に放送中の「プチブランチ」(TBS)ではMCを務めている。WEB「LEON」にて『中尾明慶の「モテる♡100切りゴルファー」への道』不定期連載中。YouTube公式チャンネル「中尾明慶のきつねさーん」は登録者数77万人を超える。

仲 里依紗

(なか りいさ)
1989年10月18日生まれ(34歳)。長崎県出身。
ドラマ、映画に出演する他、ファッション誌では、モデルとして活躍。

幅広い役柄を演じる演技力で評価されている。また、自身のインスタグラムでは、家族との私生活が垣間見える投稿やファッショニスタとして人気を集める。2020年4月よりYouTubeチャンネルも開設。

近年の主な出演作に、NHK「大奥」、Netflix「離婚しようよ」、TBS「不適切にもほどがある!」がある。

2024年秋から放送のNHK連続テレビ小説「おむすび」では平成時代を生きるヒロインの姉役として出演。時代を象徴するキーパーソンとして物語の主軸を担う。

関連記事

ページ上部へ戻る