【中井友望】が告白する「炎上する君」役作りの舞台裏と心の葛藤―――自分に救われるお守りのような映画

2023年8月4日より公開される映画「炎上する君」の出演者・中井友望さんへの特別インタビューをお届けします。役作りの秘密や撮影秘話、共演者との絆など、映画の魅力を語り尽くしていただきました。

――「炎上する君」を拝見させていただきましたけれども、非常に難しい役どころというか、作品を演じる上でいろいろと勉強もされたのではないかなと思いますが、実際にあの作品に出られて、どういうお気持ちですか?

ふくだ監督の作品には、今まで何回か参加させていただいてことがあるんですけど、ずっとまたご一緒したいなと思っていたんです。それで、西さんの原作も以前読んだことがあって、ふくださんがこれを映像化するってなって、原作だけ見ると、「どうやるのかな?梨田と浜中、誰がこの役をやるんだろう?炎上する男をどう描くんだろう?」と思っていました。でも脚本を見たときに、ふくださんの世界だなとすごく思って、その中でトモという役名をいただいて、なんかうれしかったです。

――LGBTを意識するような役柄で、そういった意味では何か参考にしたり、どう考えて演じられましたか?

あまり意識してなかったです。

――ナチュラルに、恋愛の感情をそのままぶつけていけばいい、みたいな感じですか?

はい。LGBTではありますけど、単純に好きな人がいて、その人がたまたま女の人というだけだったと思うので、そこに役作りとか何かを考えるのって必要ないことなんじゃないかな?って。

――逆にそっちのほうが自然だと認識されたんですね。作中のトモとリアルの中井さんが重なるところはありますか?

まず名前が同じで、何かを言いたいとき、人よりも時間がかかったり勇気が要ったりとか、心の中での葛藤とか、すごく似ているというか、私の普段の感じでやったんですけど、それをふくださんがいいと言ってくださっているし、そもそもトモというキャラクターがあるのか?っていう感じですね。

――割と自然体で演じられたという感じなんですね。本当に自分にぴったりな役が下りてきた、みたいな感じですか?

そうですね。

――ふくだももこ監督や共演者の方々とのコミュニケーションは、いかがでした?

めっちゃあったという感じではなかったですけど、なのに安心感を与えてくださる人たちばかりだったんです。そんなに細かいこととか深いことを話さなくても、「目を見れば分かるよ」みたいな感覚でした。

――それはいいですね。あまり肩肘張らなくても、ナチュラルに現場に入られて、共演者の方もコミュニケーションという部分ではすごく意識を持たずとも自然と受け入れてもらえた感じですか?

そうですね。

――特にファーストサマーウイカさんもそうですけど、ほぼすっぴんのご自身を出したり、脇毛が生えてくる、みたいなことでも楽しく演じられていたように見受けられたので、そういう意味では作品をみんなで楽しみながら、盛り上げながらやっているようなイメージを持ちました。ちなみに撮影中のエピソードみたいなものは何かありますか

撮影場所の居酒屋さん、あそこ行ったことがあるんです。そんなに通っているところじゃないんですけど、たまたま何年か前に行ったことがあったお店だったので、「あっ」と思いました。

――プライベートでも、お仕事の関係かも分からないですけど、そういったところにもたまに行かれたりはするんですか?

そうですね。高円寺の近くに住んでいたときもあって、馴染みの深い街で、行ったことがあるお店で撮影して、感慨深かったです。

――撮影場所もご自身的には受け入れやすい、馴染みがある町並みだったから余計に自然体の自分が出せた、というイメージですか?

はい、そうですね。

――普段の中井さんは、ご自身の分析的にはどのような人物なんでしょうか?

難しい質問ですね。大人しそう、と言われることが多かったり、暗い役とかも多かったりするんですけど、そういう部分もあるし、反面すごく楽しいことも好きだし、時と場合によってその場を楽しめるのかな、と思います。

――それでは、中井友望さんにとって「炎上する君」とはどんな作品ですか?

お守りみたいな作品ですね。

――お守りみたいな?意外な回答だったんですけど、その心は?

なんか、ずっと持っていたいし、何かあったら見たいです。自分が出た作品だけど、自分に救われると思うし。

――どんなときに見たくなる作品ですか?

しんどいなって思うときですね。

――確かに人を認めてあげるというか、生き方をポジティブに捉えてくれるような作品にはなっていますよね。普段は過去作含めて、自分がやられてきたことを改めて見返すことはあるんですか?

いや、あまり見れないんです。1回は見るようにしているんですけど、恥ずかしいというか。

――やっぱり恥ずかしいという気持ちのほうが勝つんですか?

そうですね。でも客観的に見たらどうなんだろう?っていうので、絶対に見たほうがいいとは思っているから、照れながら見ていますね。

――でもまた3年後、5年後になるともっと変わっていると思います。もっと成長されていってほしいなとは思いますよね。もともと役者を目指したいと思ったきっかけは何かあったんですか?

中学生のとき、学校が苦手で行ってなかった時期があったんです。そのときに、すごく時間があったので映画を見てみようと思って映画を見たとき、「ああ、いいな」と思ったのがきっかけです。

――どんな映画を見たんですか?

最初に見たのが「ヒミズ」という映画なんですけど、それまで感情表現するのが苦手な子どもだったので、映画の中であんなに自由に表現している人を見て、「ああ、いいな、役者になったらこんなことができるのかも」って思ったんです。そこから、めっちゃ見たというよりも、その1本にハマったんです。

――その主人公の喜怒哀楽みたいな部分に惹かれたんですか?

そうです。二階堂ふみさんと染谷将太さんで、ちょうど同じ中学生ぐらいの物語で、こんなに生きているのに私は家で何をやっているんだろう?と思いました。

――そしてこの映画と出会うところがまたすごいですね。

そうですね。その頃はTSUTAYAが家の近くにあって、そのジャケットにすごく目が引かれて、全然映画に詳しくなかったので、適当に選んだんです。

――それでたまたま見たら、何これ?私、女優になりたい、みたいな。

思いました。

――そこまでその映画に惹かれたというのは運命的ですね。等身大の自分と同じような人たちがキラキラ輝いていくということに自分自身も惹かれたんでしょうね。実際役者になってみて、今どうですか?

楽しいです。

――楽しいと同時に辛さもあると思うんですよね。周りからの期待、プレッシャーも含めて、打ち勝つ方法みたいなものって、自分の中で持っていますか?

持っていないです。

――自然体?

いや、よく負けています。

――もし役者になっていなかったら何になっていましたか?

生きているかな?って。

――なんか深いですね

中学は不登校で、高校も中退して、大学も中退したので、集団生活がすごく苦手だったんです。絶対会社にも行けないと思うし、アルバイトとかでギリギリ食べていく、とかですかね?

――女優に向いていますね。そういう話を聞いていると、自分の中で輝ける場所を見つけたというのは、やってみてよかったですね。特に今回の作品も合っているというか、私の居場所を見つけた、みたいなところが映画の中のトモとリンクしているところはありますよね。最後に、役者として今後の目標を伺いたいです。

さっき言ったみたいに、すごく明るい役とか、自分が今できないような役に出会って、それで自信につなげれるような映画に出ることですかね。

――幅広い役をやってみたいですか?

はい。

――きれいな役ばかりじゃない、汚れ役みたいなものもいっぱいあるかも分かりませんし。だけど人生のチャレンジだから、面白いかも分からないですよね。では最後に、「炎上する君」という、ご自身の役柄の作品紹介みたいなものをお願いしたいです。

すごく人の言葉に傷つけられた場面、で、そこからうらじぬのさん、梨田に救ってもらい「トモ」として、その2シーンだけでも傷つけられた経験がある人全員を、あの最後のシーンで救ってあげられるような、それを体現しているようなことだと思うので。私を見てもそうですし、梨田と浜中、うらじさんとウイカさんを見て、たくさんの人が「私は大丈夫だ」と勇気をもらえる作品になっていると思います。

――ありがとうございました。

インタビュアー:山口義徳

中井友望

なかい とも
生年月日:2000年1月6日(23歳)
出身地:大阪府出身
血液型:B型
身長:158cm

映画「炎上する君」

2023年8月4日(金)渋谷シネクイント他公開

監督・脚本:ふくだももこ
配給:レプロエンタテインメント
出演:うらじぬの・ファーストサマーウイカ・齊藤広大・中井友望

あらすじ:高円寺の高架下。アップテンポなダンスチューンに合わせ、おもむろに脇毛を見せながら踊り狂う二人の女性・梨田と浜中。彼女たちは唯一無二の親友である。 高円寺の銭湯「なみのゆ」。梨田と浜中は湯に浸かりながら「50代の男性と14歳の少女の真剣な恋愛」や「政治家の女性蔑視発言」、「医学部での女性受験者の一律減点」など、炎上が相次ぐ女性への抑圧に日々憤っていた。 ある日、浜中とお笑いライブに出かけた梨田。場内が爆笑に包まれる中、容姿や恋愛経験を揶揄されるお笑い芸人の傷ついた表情を、梨田は見逃さなかった。その帰り道、全身脱毛の告知が書かれたポケットティッシュを手にした梨田はふと思う。「なぜ彼は見た目を変えなければならないのだろう。恋人がいないことがそんなにダメなことなのだろうか。そしてなぜ私は体中の毛を無くさなければならないのだろう」。その日を境に、梨田と浜中は脇毛をたくわえ、ダンスをすることで自分たちを解放するようになる。誰のためでもない自分のために脇毛を生やし、晒す二人。 商店街でのダンスイベントの帰り、梨田と浜中は居酒屋でバンドの打ち上げに遭遇する。メンバーからの無自覚なラベリングに傷つき、店を飛び出した女性トモに、梨田は思わずこう叫ぶのだった。 「君はなにも悪くない」と。 そんな折、浜中が高円寺周辺ばかりに出没する「炎上する男」の噂を聞きつけてきた。噂はどうやら真実味を帯びており、二人は一度でも男を目にしたいと好奇心を頼りに探し回る。ぼうぼうと足が燃える男。その男は、一体何者なのだろうか―――。

公式サイト:https://enjyo.lespros.co.jp/


  • ヘアメイク:横山雷志郎
  • スタイリスト:粟野多美子

衣装

  • ワンピース ¥31,900 kotohayokozawa/ON TOKYO SHOWROOM
  • イヤリング ¥14,300 TALPA/SUSU PRESS

問い合わせ先

  • SUSU PRESS 03-6821-7739
  • ON TOKYO SHOWROOM 03-6427-1640

関連記事

ページ上部へ戻る