【長澤まさみさんインタビュー】「機動戦士ガンダム」連邦軍の採用官に!?「スキルこそ可能性」【エンジニアに特化した人材サービス『コグナビ』新CM】

理系の人はお料理が上手なんですよ。やはり、お料理は科学だなと

『コグナビ』は、独自のスキルマッチング テクノロジーをベースに、機械・電気、ITエンジニアの転職支援サービス「コグナビ転職」「コグナビ転職IT」や、エンジニアの派遣サービス「コグナビ派遣」、そして理工系学生の就職支援サービス「コグナビ新卒」など、エンジニアの様々なキャリアシーンに特化した人材サービスです。
今回のCMキャンペーンでは、新イメージキャラクターとして女優の長澤まさみさんを起用し、2020年春にオンエアされた『コグナビ』CM第一弾に引き続き、「機動戦士ガンダム」の主要キャラクターが登場します。エンジニア採用を担当している長澤さんが、濃密な3DCGで表現された異世界で「機動戦士ガンダム」の人気アニメキャラクターと共に『コグナビ』の世界を体験するストーリーです。

cognavi(コグナビ)CM「スキルこそ可能性」篇(30秒)

TOKYO上空に浮かぶホワイトベース内。
エンジニア採用担当の長澤まさみさんが、採用面接について部下達と話しています。
面接での評価にもめていると、突如ホワイトベースが異空間にワープ。
そこは、無数のスキルのデータが空間に満ちた異世界“cog-verse”。
「惑わされるな。人の主観に」「スキルを見るんだ」。
シャアとアムロから「スキルマッチング」の導きを受けた長澤さん。
大量の技術用語が関係線でつながる世界を体験し、スキルが持つ可能性を確信します。
濃密な3DCGで表現された異世界で長澤さんがガンダムと躍動する、
見たことのない世界をお楽しみください。

長澤まさみさんインタビュー

今回、ガンダムとコラボしながら、リアルとCGを織り交ぜたTVCMですが、この企画をご覧になったときの率直な感想をお聞かせください。

技術的なお仕事といいますか、専門職であるというところで、ガンダムといえば機械を扱う物語だと思いますから、きっと共通する何かがあるんだろうなという印象を受けました。

CMで今回、モーションキャプチャーでの撮影をすることについてどう思われましたか?

モーションキャプチャーで自分の動きをCGに組み合わせるということは、今までしたことがなかったので、面白そうだなと思いましたね。

連邦軍の採用官をイメージして作られた衣装ですが、着てみた感想は如何ですか?

背筋がピンと伸びるようなかっちりとしたお洋服で、なんだか自分もそんな気分になって、演じられたのではないかと思います。

『コグナビ』はエンジニア専門の人材サービスです。作品の役柄では色んなキャラクターを演じられてきた長澤さんですが、ご自身は、そもそも、理系でしたか?文系でしたか?

いやぁ、どっちなんですかねぇ。分からないですけど、理系ではないんだろうなとは思いますね。理系の友達が多くて、理系の人は計算が上手で、お料理が上手なんですよ。なので、すごく尊敬しています(笑)。やはり、お料理は科学だなと思う時があるので、得意分野が活かされていると感じて、面白いなと思っています。

「スキルこそ、可能性よ」というセリフがCM内にあるのですが、長澤さんがこれから身に着けたい「スキル」はありますか?

この仕事をしていると本当にたくさんの方々と出会うので、人とのコミュニケーションのスキルがもっともっと身につくといいなって思いますね。

本日6/3はお誕生日ということで、改めまして、お誕生日おめでとうございます。ガンダムのケーキご覧になられていかがでしたか?

もう感動しちゃいました!すごいなぁって一人で感動していて、周りの方々がどう思っているのか、マスクで表情が見えないのがちょっと残念なくらい、本当にそっくりに作られていて、テンションが上がりました。

cognavi(コグナビ)CM撮影風景

cognavi(コグナビ)CGメイキング動画

長澤まさみ

1987年6月3日生まれ(35歳)。静岡県出身。
2000年に、第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得。昨今の主な出演作は、映画『キングダム』『マスカレード・ナイト』『コンフィデンスマンJP英雄編』『シン・ウルトラマン』など。
2021年、第44回日本アカデミー賞では、映画『MOTHER マザー』で最優秀主演女優賞を受賞。
最新作映画『百花』は、9月9日公開予定。また、10月より、主演ドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」(カンテレ・フジテレビ系/月曜22時)が控える。

関連記事

ページ上部へ戻る