【小林涼子さんインタビュー】入浴で気分も整える「アーユルタイム」日々の忙しさに追われる女性を救ったのは?

お風呂の時間は、私に戻れる唯一の時間

バスクリンのバスソルト「アーユルタイム」のPRムービー「あったかくなったのは」篇が公開。主演の小林涼子さんが多忙な日々を過ごす女性を演じ、「今、頑張らなくてはいけないこと」と「本当は大切にしたいもの」との狭間で揺れる主人公が家族を通してふと自分と向き合う時間の大切さに気付くまでを描いています。

アーユルタイムWeb Movie「あったかくなったのは」篇

「バスタイムが自分と向き合う大切なひとときとなりますように」という当ブランドの想いを、ドラマ仕立てのムービーで表現しています。丁寧な暮らしに憧れはあるものの、今は、いっぱいいっぱいで自分のことは後回し。湯船につかった方がいいというのはわかっていても、忙しくて今日もシャワー。そうやっていろいろと気が回らなくなり、やがて無意識のうちに大切な人にまで冷たい態度で接してしまう――。誰もが経験しうる立場に置かれた、とある女性が今回の動画の主人公です。

小林涼子さんインタビュー

<撮影の感想や見どころ>

濃ゆい撮影ではありましたが、監督はじめ、スタッフの皆さんが丁寧に気持ちに寄り添ってくださって、本当に楽しい撮影でした。お風呂シーンは癒されて、待ち時間もずっとお風呂に入っていました。忙しい毎日、やることに追われてつい、シャワーでいいかと思ってしまうけれど…そんなときこそ、「アーユルタイム」でお風呂にはいって深呼吸。リラックスすることで、気分もスッキリして、明日からも頑張る力が湧くと思います。

<バスタイムのこだわり>

ありがたいことにお仕事が続いていると同時期に何役かを演じている時があります。
睡眠も大切ですが、毎日をリセットすることがとっても大切だなぁと改めて感じています。お風呂の時間は、私に戻れる唯一の時間。5分でも電気を消して目を閉じて、湯船に浸かりいろんな気持ちをリセットしています。

<「アーユルタイム」について>

「アーユルタイム」については、何より香りがいい!
お気に入りの「カモミール&クラリセージの香り」は、深呼吸したくなるような華やかなハーブの香りと綺麗なクリアピンクのお湯が、「頑張らなきゃ」と日中張り詰めていた気持ちを緩めてくれています。

小林 涼子

(こばやし りょうこ)
1989年11月8日生まれ(32歳)。東京都出身。
4歳の時に子役としてデビュー後、2003年頃からローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)の専属モデルとして活動。2008年TBS系金曜ドラマ『魔王』でヒロイン役を演じて注目を集め、最近ではTBS火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』はじめ、NHK『正直不動産』、テレビ東京『花嫁未満エスケープ』、『復讐の未亡人』に出演している。

関連記事

ページ上部へ戻る