【菅田将暉さんインタビュー】チョコとチーズがタルってるドーナツを初体験!【misdo meets BAKE INC. 第1弾TVCM】

今年の七夕の願い事は「おいしいものいっぱい食べたい」(笑)

ミスタードーナツは、焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」、焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」と共同開発した『misdo meets BAKE INC. 第1弾』を、2022年7月6日(水)から発売。
それに伴い、俳優の菅田将暉さんが出演する新TVCM 「チョコとチーズがタルってる(リンゴ)」篇を同日から全国で放映開始します。

「チョコとチーズがタルってる(リンゴ)」篇

菅田将暉さんインタビュー                                     

――撮影にあたって、新商品の「ベイク チョコレートチーズタルトドーナツ(以下、ベイク)」と、「リンゴ クロワッサンドーナツ カスタード(以下、リンゴ)」を召し上がった感想をお聞かせください。

毎度のことですが、最初に食べられて幸せだなと思いつつ、本当に美味しいなぁと思いました。「ベイク」の方はくどくないチーズの感じとか、見た目はすごくチョコレートなんだけど、食べるとちゃんとチーズな感じがするところとか。でも、タルト生地のところは、従来のドーナツの感じもあって、食感が初の感じでした。あと、「リンゴ」は衝撃的でした。めちゃくちゃ美味しかったです。ドーナツ生地も美味しくて、パイ生地っぽくサクッとしているけど、ちゃんとドーナツな感じとか、甘すぎない感じが最高でしたね。

――今回の新TVCM放送開始は、7月6日からを予定しています。
ちょうど七夕の季節になりますが、今年はどんな願い事をされますでしょうか?

「おいしいものいっぱい食べたい」(笑)。最近、料理もするようになったからかもしれないけど、おいしいものをいっぱい食べたいなと思うようになりました。

――ちなみに、最近はどんな料理を作りましたか?

実はちょうど自宅でスペアリブ用の肉を漬けているところで、帰ってから食べるのが楽しみです。漬ける系とか煮込む系とかは、やっぱり作るのが楽しいですよね。

――時間をかけると出来上がりが楽しみ、みたいな。

そうですね。あとは、魚介系の料理を作ると、日本の出汁文化って本当にすごいなと実感しますし、今はネットでレシピとか何でもすぐ調べられるので、冷蔵庫の残り物で作ることもあります。ただ、デザート系は全く作ったことがなくて。それこそドーナツなんて、どう作るのか全然わからないです(笑)。

――子供の頃の夏の思い出をお聞かせください。

実家が大阪なので、小さい頃はよく淡路島に行っていました。いつも泊まるホテルがあって、そこで夜、食後にイベントがあるんですよ。そのビンゴ大会でデカイ水鉄砲を狙うのが毎年恒例というか、風物詩でしたね。

――この夏、行ってみたいところは?

やっぱり海辺とかになるのかな。修学旅行以来の沖縄とか、あんまり行ったことがない九州の方とか。あと、高知にも行きたいんですよね。父方の実家があるんですけど、全然行けていないので。行く時は、東京から車ごと乗れるフェリーとか、ちょっと憧れます。乗り慣れた自分の車で旅行できるのはいいですよね。

撮影エピソード                                          

◇気の置けないスタッフと談笑中の菅田さんから生まれたベストショット

撮影は店頭用のグラフィック広告からスタートしました。旧知のスタッフが大勢いることもあって、とてもリラックスした表情で現場入りした菅田さんは、カメラマンのリクエストに応えてさまざまなポージングを披露。その場で、モニターを確認しながら、目線や顔の向きについて相談したり、自らポーズを提案したりして、ベストショットを追求していました。そして、ひと通り撮り終えて、最終チェック待ちの間、菅田さんとスタッフが穴の空いていないドーナツの呼び方やサウナの話題でひとしきり盛り上がっていると、カメラマンが菅田さんに「いま、話している時の表情がとても良かったので、ぜひその感じで、もう一度撮らせてほしい!」とリクエスト。撮影再開後は、それまでとはまた一味違った自然体の菅田さんが写っていたこともあり、結果的には、最後に追撮したカットも採用されることとなりました。

◇意外な組み合わせの美味しさに説得力を持たせる表情と言い回し

続いて行われたムービー撮影では、監督から「今まで食べたことがない新商品のおいしさに、菅田さんが気づいていくというストーリーです」「CMを見た人が最初、『なんだろう?』と期待を持たせるような感じで」という説明と指示を受けた菅田さん。その意図をすぐに理解した菅田さんは、ファーストテイクから一発OKを獲得するなど、順調にシーンを重ねていきました。その中で、菅田さんと監督が最もこだわっていたのが、ひと口食べた直後、「チョコチーズタルトね!」と納得顔で商品を見つめる場面。どのぐらいのテンションがその状況にふさわしいのか、何度も声の大きさやニュアンスを確認した菅田さんは、早くも3テイク目にして、「納得感が出ていてわかりやすい」「良いと思います!」と監督のお墨付きをもらっていました。

菅田将暉

(すだ まさき)
1993年2月21日生まれ(29歳)。大阪府出身。
2009年「仮面ライダーW」でデビュー。以降、ドラマ・映画・舞台・ラジオなど幅広く活躍中。
近年の主な出演作品は、ドラマ「dele」、「3年A組―今から皆さんは、人質ですー」、「MIU404」、「コントが始まる」、映画「あゝ、荒野」、「帝一の國」、「セトウツミ」、「火花」、「アルキメデスの大戦」、「タロウのバカ」、「糸」、 「浅田家!」、「花束みたいな恋をした」、「キャラクター」、「キネマの神様」、「CUBE」など。2022年は主演ドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ)、源義経役を演じる大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演。待機作に、映画「百花」(9月9日公開予定)がある。
2020年9月より、「ドを超える。」をテーマに展開したミスタードーナツ50周年アンバサダーに就任。
父は放送ジャーナリストの菅生新、妻は女優の小松菜奈、弟はYouTuberの菅生健人と俳優の菅生新樹。

関連記事

ページ上部へ戻る