【柳 美稀】インタビュー③パーソナリティと自身のヒーロー像を告白

ドラマや映画で活躍中の女優・柳 美稀さんにHiRToがロングインタビューを実施!全3編に渡って人間・柳 美稀の魅力に迫るインタビューをお届けする。

第1弾では柳 美稀さんの「デビューのきっかけ」を第2弾では写真集「空色」「賭ケグルイ」シリーズや「24 JAPAN」のエピソードを披露した。第3弾では女優・柳 美稀が目指すところ、パーソナリティ、自身のヒーローについて語る。

【目指す方向性】

ーーこれからどんな女優になっていきたいか、これまでの仕事を振り返って目指す方向性はありますか?

 基本的に自分にしかできない役を確立していきたいですね。「この役は柳にしかできないよね」と言われるような女優さんになりたいなって思います。そこから幅を広げてカメレオン役者の様に、清楚から獄中に入るような凄い幅広く…

ーー極悪な?

 極悪の中の極悪!独房に入るような役まで幅を広げていけたらいいなって私の中では思っています。

ーーチャレンジ意欲が旺盛ですね

 そうですね。小さいころから親の教えもあるんですけど「なんでもやってみる」っていうのが私の中で決めてます。とりあえずやってみなきゃわかんないじゃん精神で生きています!

ーー前向きでいいですね。

 自分はそういう性格で良かったなと思います。

ーー自分の性格を端的にいうとどういう性格ですか?

 端的に…マイナスになっちゃうかもしれないですけど、気にしいです。

ーーさっきもでてきましたが(笑) 不安が入っちゃう?

 不安になっちゃいます。なので、自信をもつ役者になりたいです。自信のある役は自信のある人じゃないとどこかで「あっ自信なさげだな」って思われちゃったりするといけないと思うので。根本的に私自身の性格上、もっと前向きに自信を持てる人になりたいです。

【趣味・パーソナリティについて】

ーーこれは女優というより個人の柳 美稀さんについてなんですけど、趣味とかはお持ちですか?

 ゲームですね。

ーーアクション系?

 FPSという銃で戦うゲームですね。

ーーそっち系なんですね(笑)

 ガッツリ、ボイスチャットをつないでヘッドセットを付けて…友達と「1人やっつけた!」とか(笑)

ーー(笑) これは流行ってるんですか?

 すごく流行ってます。エーペックスレジェンズ(Apex Legends)っていう今、日本では一番人気のあるFPSです。

ーー全然ゲームやってないから知らないんですよね

 最高に面白いです。

ーー友達とやってる時が幸せな瞬間?

 そうですね。もうゲームのことしか考えないです。コロナ自粛期間の時は一人の時間が多くてちょっと落ち込みそうにな時に「やばい、ゲームしよう!」って思ってやっていましたね。

ーーゲームをやると上向くんですか?

 はい。そこでいい動きができると「今日はいい一日になりそうだな」って…(笑) 気分を盛り返すために。

ーーでもいいですよね。自分の中でそういうツールを1つお持ちなのは。

 そうですね。「本当にやってて良かった」って思う場面が2020年は特に多かったですね。交友関係が広がったんですよ。

ーーそうなんですか?

 ボイスチャットをつないでやってる中で、友達に友達を紹介してもらったり。ゲーム内で喋ったことしかない人とかいるんですけど、色んなところと簡単につながれるのはゲームの醍醐味ですね。お仕事のこと聞いたりとか、YouTubeをやっている人もいればモデルさんもいて。「色々面白いな、このつながり方ってイマドキだなー」って。

ーーこれはイマドキですね。

 昔だと通信って目の前にいてするものでしたけど、今はオンラインなので!

ーー楽しそうですね。

 楽しいです!

ーー休日はゲーム以外にやることは?

 他にですか?えーっと……運動は本当にしないですね(笑)

ーースタイルめっちゃいいじゃないですか?

 着やせするタイプです(笑)「食べ過ぎたな」って思ったら、ちょっと控えるようにしてます。

ーー食生活をちゃんと気を付けて健康管理はされてるってことですか?

 そうですね。以前より「最近野菜採ってないな」って思ったら、野菜採るように気を遣うようになりました。前は好きな時間に好きなものを食べるって感じでしたが。

ーー今、その年齢でセルフコントロールできるのは凄いですよ

 未来のことを考えると「やっていかないといけないな」って思いますね。人間として重力には勝てないので。

ーー重力には勝てないですよね(笑)

 それに勝てるような身体づくりをしていかないと(笑)

ーー将来的にそういったことも視野に入れてってことですけど、運動は嫌いなんですか?

 もともと運動部に入っていました!

ーー何をやっていたんですか?

 ソフトボール部です。ショートをやっていました!

ーー花形をやっていたんですね

 でもそれ以降はほぼ運動は…(笑)

ーーでもそれでここまで来れているのは大したもんですね。

 多分、運動神経は悪い方ではないと思うんですけど。

ーー重力に抗うためにも是非頑張っていただきたいです。

 頑張ります。未来の私に…

ーー未来のご自身への投資ですね

 そうですね。

【あなたにとってのヒーローは?】

ーー最後の質問になるんですが「あなたにとってのヒーロー」とは?

 ありきたりになっちゃうかもしれないですけど…両親ですね。両親がいないと今の私もいないですし、背中を押してくれたのもお父さんとお母さんなので。お父さんの生き方が結構尊敬しています。母も勿論そうなんですが、自分のことよりも家族のことを第一に考えられる人。他の人のことを第一に考えて動ける人です。これは両親本人には直接伝えてないんですけど。いつか伝えるタイミングがあれば…

ーーこの記事見せてあげて下さい(笑)

 はい!そうします。いつか結婚して家族ができた時に、他人のために身を削れたり、他人のために泣けるお父さんみたいになるのが私の目標です。本当に尊敬しています。

ーー余談ですけど僕も経営者インタビューに何度か答えていて、その時に「尊敬する人は誰ですか?」って聞かれて「父親」って答えたんですよ。その記事を送ってあげたら、母親から「お父さん喜んでたよ」って言われて、ちょっとこうキュンってしました。お父さんに伝えにくいんですよね。

 両親、一番近い存在…で「ありがとう」って言いますけど、こういうちゃんとした言葉で伝える機会は少ないですよね。

ーー照れくさいですよね。改めて伝えるというのは。

 お母さんは一番応援してくれています。高校生の頃に私が上京して、すごく不安だったと思うんですよ。でもそれを飲み込んで、背中を押してくれて「困ったことがあったらすぐに言いなさい」ってサポートしてくれました。これも直接は言えてないですけど…(笑)

ーーお母さんも淋しかったんじゃないですか?

 多分そうだったと思います。一番淋しがってましたし、今でも実家に帰ったら凄い嬉しそうにしてます。ジュウオウジャーに出演が決まった時に、出演者お披露目のプレミアム発表会へお母さんを招待しました。そこに来てくれた時、泣いてました(笑)

ーー泣きますよー!

 涙もろいお母さんっていうか。そこは似てると思います。

ーー柳さんも泣きやすいタイプですか?

 最近は、そうですね…昔はそんなに涙もろいと思ってなかったんですけど。見たことがあるハリーポッターでもすぐ泣けてきます(笑)

ーーハリーポッターで?

 大事な人物が亡くなるじゃないですか。昔は全然泣かなかったんですけど、最近はすぐ泣いちゃう。涙もろくなってしまいました。

ーーでも演技にとっては凄くいいですね。

 そうですね。

ーー泣きの演技を要求されたときにね?当時のそれをフラッシュバックの様に思い出して…

 感受性が豊かになってきたのかなって…

ーーいいですね!

 前向きに捉えて、これからも頑張っていきます!

ーーいいお話を伺いました。ありがとうございます。柳さんをHiRToは大応援していきますので、これからも宜しくお願いします。今日はどうもありがとうございました。

 ありがとうございました!!

<プロフィール>
柳 美稀(やなぎ・みき)1997年8月24日生まれ。大阪府出身。2016年2月に スーパー戦隊シリーズ「動物戦隊ジュウオウジャー」シャーク/セラ役でデビュー。翌年、ドラマ「ふたりモノローグ」で初主演を演じた。その後も、ドラマ・映画・舞台などに出演。近年の出演作にドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-
」「24JAPAN」、タクフェス第7弾 舞台「流れ星」など。映画「賭ケグルイPart2」が2021年5月公開予定。

(インタビュアー:山口義徳)

インタビュー第1弾:デビューのきっかけと動物戦隊ジュウオウジャー

インタビュー第2弾:写真集・賭ケグルイ・24 JAPAN・大府市サポーター語る

関連記事

ページ上部へ戻る