【生見愛瑠・山田裕貴】役者経験をツムツム(積む積む)!?『LINE:ディズニー ツムツム』10周年TV CM

「パン・お米・お米”の時もあるし、”お米・お米・お米”の時もあります」「パン・お米・お米”だと消せないんで」

LINEヤフー株式会社のカジュアルパズルゲーム『LINE:ディズニー ツムツム』は、生見愛瑠さん、山田裕貴さんが出演する新TV CM「LINE: Disney Tsum Tsum 10周年ケタちがいANNIVERSARY」篇の放映を開始。
新TV CMでは、ミッキーツムの形をした巨大な惑星であるケタちがい星で開かれた、ツムツム10周年を祝うカラフルでポップなフェスティバルに、ケタちがい星のスターである生見愛瑠さんと山田裕貴さんが登場。色あざやかな衣装に身を包み、ダンスを披露し、ツムツム10周年を盛り上げる内容です。

【ツムツム】LINE: Disney Tsum Tsum 10周年ケタちがいANNIVERSARY 篇

生見愛瑠さん、山田裕貴さんインタビュー

―Q.『LINE:ディズニー ツムツム』のCM出演が決まった感想は?

生見さん:素直に普段から使っているアプリだったので、すごく嬉しかったです。私の母もよく使っていたので、一番母が喜んでいました。

山田さん:めるるさんがプリンセスで僕がプリンスなのかなと思って衣装合わせに行ったら「山田さんはトリックスターです。」と言われて(笑)僕はプリンスじゃないんだと、いろいろなものがツムツム(頭の中を駆け巡る)しました(笑)

― Q.『LINE:ディズニー ツムツム』が10周年を迎えますが、お二人が”10年続けていること”はありますか?または“10年続けたい”と思っていることはありますか?

生見さん:10年続けていることは、3食食べるとかそれぐらいですね(笑)しっかり食べないと動けないので、朝がどんなに早くても食べて、朝、昼、晩と3食必ず食べます。

山田さん:朝・昼・晩は、“お米・お米・お米”ですか?

生見さん:いえ、”パン・お米・お米”の時もあるし、”お米・お米・お米”の時もあります。

山田さん:”パン・お米・お米”だと消せないんで。(ツムを3つ以上なぞって消していく様子に例えて)

生見さん:あー、たしかに!(笑)

山田さん:またウケを狙おうとしてすみません(笑)

生見さん:面白い(笑)。(山田さんは10年続けていることは)なにかありますか?

山田さん:僕は、仕事が10年続けばすごいことだと思っていて。10年続けられるのかなと思っていたんですが、今で12、3年になるので、あ、ちゃんとツムツム(経験を積んできた)してきたなという感覚はあります。

― Q.来年の抱負や挑戦したいことはありますか?

生見さん:私は一人映画とか、一人でショッピングとか、一人行動がまったくできないので、それをできるようになりたいです。

山田さん:僕は俳優をさせてもらっているので、ちゃんと見てもらえるような俳優に、来年もそう思ってもらえるように頑張ろうと思います。

― Q.CMをご覧になるみなさまへメッセージをお願いします

山田さん:本当にたくさんの人に愛されている『LINE:ディズニー ツムツム』が今回10周年となりましたので、とてもおめでたい気持ちとそれを応援するようなCMに仕上がっていればいいなと思い、自分も参加させていただきました。『LINE:ディズニー ツムツム』10周年がもっと盛り上がれば嬉しいなと思います。

生見さん:10周年にふさわしい明るくてハッピーなCMになっているので、みなさんぜひご覧ください!

撮影エピソード

今回のCM撮影でミッキーツムの形をした巨大な惑星であるケタちがい星のスターに扮し、色あざやかな衣装に身を包みスタジオに登場した生見愛瑠さんと山田裕貴さん。巨大なグリーンバックを背景にダンサーたちと一緒に歌とダンスに挑みました。二人で動きを合わせて踊るシーンでは、CM初共演とは思えないほど息がぴったりのダンスを披露し、制作陣が驚くほどの順調な撮影となりました。後半、生見愛瑠さんと山田裕貴さんがスマートフォンを手にツムツムをプレイするシーンでは、山田さんがアドリブで繰り出すコミカルな演技に生見さんが思わず笑ってしまうという場面もあり、終始笑いが溢れる和やかな雰囲気の撮影となりました。

メイキング動画

インタビュー動画

メイキング&インタビュー動画

スペシャル映像

生見愛瑠

ぬくみ める
2002年3月6日生まれ(21歳)。愛知県出身。
小学館「CanCam」の専属モデル。
「ヒルナンデス!」や「THE突破ファイル」等バラエティ番組に出演中。また、2022年7月には『モエカレはオレンジ色』にヒロインとして映画初出演を果たし、同作品にて第46回日本アカデミー賞『新人俳優賞』を受賞。近作の日本テレビ系「セクシー田中さん」での好演も話題となり女優としても注目が集まっている。

山田裕貴

やまだ ゆうき
1990年9月18日生まれ(33歳)。愛知県出身。
2011年「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。
近年の主な出演作に「ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と」、大河ドラマ「どうする家康」、映画「東京リベンジャーズ」、映画「夜、鳥たちが啼く」、映画「キングダム 運命の炎」などがある。「山田裕貴のオールナイトニッポンX」ではパーソナリティを務め横浜アリーナでの番組イベントの開催が決定している。 現在、「ゴジラ-1.0」が公開中のほか、月9「君が心をくれたから」が1月8日より放送開始。

関連記事

ページ上部へ戻る