【林遣都さん】「変えるなら、きっと今だ。」転職サービス「doda(デューダ)」新TVCM 転職希望者の心情の機微を表現豊かに演じる

転職サービス「doda(デューダ)」は、実力派俳優として幅広く活躍されている林遣都さんを起用し、転職希望者の心情を描いたTVCMを放映中!

「変えるなら、きっと今だ。」

自分のキャリアについて悩むビジネスパーソンが転職活動を始めるとき、さまざまな悩みや逡巡と向き合い、それを超えて一歩踏み出すことを決意する瞬間があります。その瞬間を「変えるなら、きっと今だ。」という言葉で表現しました。自分のキャリアや人生をより豊かにするために、前を向く転職希望者一人ひとりに寄り添い、転職活動のパートナーとして伴走し続けたいという「doda」の思いを込めました。

doda 「変えるなら、きっと今だ。」篇

クリエイティブストーリー

主人公である林遣都さんが転職を決意する心の変化を描いたクリエイティブ。
懸命に働く日常の中で自身の停滞感を感じる主人公。その停滞感を打ち破って、一歩前に進んでいる感覚を取り戻したいという気持ちを「変えるなら、きっと今だ。」という決意の言葉で表すとともに、転職にむけて一歩踏み出す瞬間を描いています。

林遣都

はやし けんと
1990年12月6日生まれ。滋賀県出身。
2007年、映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。同作品で日本アカデミー賞など多くの新人賞を受賞。以降映画/ドラマ出演が続き、近年は大河ドラマ『いだてん』、NHK朝ドラ『スカーレット』『世界は3で出来ている』など、コンスタントに話題作に起用される若手実力派俳優。
2021年4月25日よりTBS「日曜劇場『ドラゴン桜』」に出演。また2021年7月22日より主演映画『犬部!』の公開が控えている。

関連記事

ページ上部へ戻る