【吉岡里帆さん、千葉雄大さんインタビュー】キャッチーでノリノリな歌とオリジナルダンスを皆様にお届け!【「UR賃貸住宅」新TV-CM「ダンス篇」】

失敗しても子供たちが「大丈夫だよ!みんなそういう失敗するよ!」と励ましてくださるので、すごく心強かったです。

UR賃貸住宅のイメージキャラクターとして女優の吉岡里帆さんと俳優の千葉雄大さんを起用した新TV-CM「ダンス篇(礼金・仲介手数料ナシ/更新料ナシ)」が放映されます。
このTV-CMでは、コンフォール松原(埼玉県草加市)を舞台に、「URであーるガール」「URであーるボーイ」 としてイメージキャラクターを務める吉岡里帆さんと千葉雄大さんが、キャッチーでノリノリな歌とオリジナルダンスを皆様にお届けします!昨年放映を開始した「ダンス篇」シリーズの第二弾となる本作でも、振付は引き続きパパイヤ鈴木さんが担当。メンバーを新たにした「URであーるキッズ」とともに、元気いっぱいに作り上げた新CMを是非お楽しみください。

UR賃貸住宅 お部屋探しキャンペーンCM 「ダンス篇(礼金・仲介手数料ナシ)」

URの住棟を背景に「礼金 ナシ♪ナシ♪」と歌う、吉岡さんと千葉さん、そして「URであーるキッズ」の男の子と女の子。場面は切り替わり、敷地内のプレイロットの前で「仲介手数料も」と歌うと、後ろで談笑していたママさん2人も一緒に「ナシ♪ナシ♪だから初期費用が…」と踊り出します。最後にURの見晴らしのいい広場で「浮く♪」と歌いながら、風船とともにふわふわ浮いている4人。URは礼金・仲介手数料がないから初期費用が「浮く」というメリットを全身で表現しながら、敷地内にある公園や緑、広場など、環境の良さも紹介しています。

UR賃貸住宅 お部屋探しキャンペーンCM 「ダンス篇(更新料ナシ)」

URの敷地内で「更新料 ナシ♪ナシ♪」と歌う、吉岡さんと千葉さん、そして「URであーるキッズ」。次に夫婦がくつろいでいるリビングに移動し「何年住んでも ナシ♪ナシ♪」と歌います。続いて、吉岡さんが「だから なが~く住むのに…」と歌うと、スマートフォンをイメージした4つの画面で4人それぞれが元気いっぱいに「いいね!」とカメラに向かって決めポーズをします。URは更新料がなく、長く住み続けられることを、近代的でモダンな住棟を背に、気持ちのいい環境とともに訴求しています。

吉岡里帆さんインタビュー

―― 今回の撮影の感想は?

 ダンス篇第一弾の時に、「音が耳に残るよね~あのCM」と言われることが多くて、別の現場でも踊って見せてくれる共演者の人がいらっしゃったり、周りの人にダンスが届いている実感がありました。なので、今回も同じシリーズで新しい曲と新しいダンスをお届けできて嬉しいです。
 今回のロケ場所はUR賃貸の中でも築年数が浅くて、高層階の建物なので、そちらにもぜひ注目していただきたいです。

―― 撮影中で印象に残っていることは?

 このダンスは、とにかく4人で振り付けを揃えるというのと、それぞれの元気いっぱいを表現することがポイントです。自分が失敗しても子供たちが「大丈夫だよ!みんなそういう失敗するよ!」と励ましてくださるので、すごく心強かったです。

千葉雄大さんインタビュー

―― 今回の撮影の感想は?

 キッズたちが本当に良いお返事で、見習わなきゃいけないなと思いました。あとは、首の角度だったり、そういう細かなところをこだわってつくっておりますので、ぜひそこもご覧頂きたいと思います。

―― 撮影中で印象に残っていることは?

 「URであーるキッズ」たちが本当に頼もしかったですし、撮影の合間にも「あそこどうやるんだっけ?」と聞いたら全部教えてくれるので、パーソナルトレーナーみたいな感じでした。(笑)

UR賃貸住宅 お部屋探しキャンペーンCM 「ダンス篇(メイキング)」

「浮く♪」撮影エピソード

「ダンス篇(礼金・仲介手数料ナシ)」の「浮く♪」のシーンでは、このシーンのために特別に製作された自転車のサドルのような椅子に、4人が座った状態で撮影を実施。後処理で椅子だけを消すことで、4人が宙に浮いて見えるような演出を行いました。椅子に座っているとは言っても、4人が揃って浮いているように見せるため、足を上げる高さやタイミングを揃えるのはかなりの難易度。吉岡さんは監督に、もっと足をフワ~っとあげてくださいと言われ、撮影後に「とても腹筋を使いました(笑)」と語っていました。

「いいね♪」撮影エピソード

「ダンス篇(更新料ナシ)」の決め台詞である「いいね♪」は、SNSの「いいね」ボタンを押したときの画面をモチーフとした演出を採り入れています。そして、実はこの「いいね♪」のシーンは、SNS上の映像の雰囲気を出すため、実際にスマートフォンのカメラで撮影されました。数々のCMに出演した経験のある吉岡さんと千葉さんも、撮影にスマートフォンを使用するのは珍しいと驚いていました。

 「いいね♪」の親指を立てたポーズは全員共通ですが、それぞれの表情や細かい仕草は出演者のオリジナル。元気いっぱいに「いいね♪」を表現している4人それぞれの表情や仕草をお楽しみください。

吉岡 里帆

よしおか りほ
1993年1月15日生まれ(30歳)。京都府出身。
連続テレビ小説「あさが来た」(2015年)に出演し注目を集める。2019年公開の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』、主演映画『見えない目撃者』で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
主な近作にドラマ「レンアイ漫画家」(2021年)、「華麗なる一族」(2021年)、「しずかちゃんとパパ」(2022年)、映画『泣く子はいねぇが』(2020年)、『ホリック xxxHOLiC』(2022年)、『ハケンアニメ!』(2022年)、出演映画『島守の塔』(2022年)など。
12月28日(水)よりディズニープラス スターで独占配信開始のドラマ「ガンニバル」に出演。
2023年に芸能生活10周年と30歳を迎えることを記念して、Wアニバーサリー写真集「日日」を来年1月15日に発売予定。

千葉 雄大

ちば ゆうだい
1989年3月9日生まれ(33歳)。宮城県出身。
2010年『天装戦隊ゴセイジャー』の主役に抜擢され本格的に俳優として活動を始める。
17年、映画『殿、利息でござる!』で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。
近年の出演作に、ドラマ『いいね!光源氏くん し〜ずん2』『アバランチ』『WOWOWオリジナルドラマ ダブル』、映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(中田秀夫監督)『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』(日本語吹き替え版)。
WEBラジオ『千葉雄大のラジオプレイ』(YouTube)が隔週金曜日配信中。

関連記事

ページ上部へ戻る