【深川麻衣さんインタビュー】ありのままの自分を応援する「シーボンパルパルプロジェクト」始動

無心になって集中できる陶芸の時間は、お仕事の合間の息抜きになっています

株式会社シーボンの新ブランド「シーボンパル」より、みんなで一緒に、ありのままの自分を育て、自己表現していくことを応援する『シーボンパルパルプロジェクト』が始動。同時に、ブランドアンバサダーに起用した女優の深川麻衣さんが出演するキービジュアルが公開されました。
「シーボンパル」は、「ありのままを、愛そう。育てよう。」をコンセプトに、落とすケアを重視し、まっさらな素肌に化粧水をつけた瞬間の浸透(角層まで)の違いを体感してほしいという想いを込めたブランドです。
この度、「パル」=英語で(仲間) という製品名にちなみ、“ありのままに生きるパル(仲間)の存在を感じながらパル(製品)の力で肌悩みから解放され、前向きな気持ちになったパル(仲間)と共に美肌の喜びを分かち合う” みんなの自己表現を応援するプロジェクト『シーボンパルパルプロジェクト』を始動します。

「いつだってそばにいるのはPal(仲間)だよね。」編

毎日毎日生きていれば、いろんな日があります。
何をしても楽しい日もあれば、全部がつまらなく思える日だってあります。
そんなあなたの1日1日にいつだってPalは寄り添います。
何も着飾らない素肌が自信をもってあなたらしいと思えますように。
そして、Palを使う仲間たちみんながもっと自分を好きになれますように。
そんな思いを動画の中で深川麻衣さんが語っていきます。

深川麻衣さんインタビュー

Q. パルパルメンバーに選ばれてどんな気持ちでしたか?

A. とても嬉しかったです。
シーボンパルのコンセプトであり、ムービーの中にも出てくる、「何も着飾らない自分を愛せ
るように」という言葉には強く共感しましたし、自分の中でもそんな風にありのままの自分を受け入れ、好きになることが理想です。

Q. シーボンパルを使用してみていかがでしたか?

A.とても気持ちのいい使い心地で、化粧水のさっぱりとした、でもちゃんと保湿してくれる質感も好みでした。
これからの季節や、肌の調子に合わせて、乳液やクリームなどを組み合わせながら使っていきたいと思います!

Q. シーボンパルと一緒に「育てたい自分」はどんな自分ですか?

A. 今年から陶芸を始めました。まだまだ思うようにいかなかったりしますが、無心になって集中できる陶芸の時間は、お仕事の合間の息抜きになっています。
いつか作ったものを友人にプレゼントできるぐらい、上手くなれるように陶芸の腕前を育てていきたいです!

Q. 最後にシーボンパルを使う仲間(お客様)の皆さんに一言お願い致します!

A.肌が綺麗だと気持ちまで上がって嬉しくなるし、逆に肌荒れしてる時は誰にも会いたくない…。というぐらい落ち込んだりして、肌の調子は日々のメンタルに大きく関わってきますよね。
自分の肌をいたわり、大事に育てて、ありのままの自分をもっと好きになれるように、私も皆さんと一緒に毎日のスキンケアを楽しみたいと思います!

深川麻衣

ふかがわ まい
1991年3月29日生まれ(31歳)。静岡県出身。
「乃木坂46」の初期メンバーとして活動し、2016年に卒業。
翌年の舞台で初主演を務め、2018年に主演映画『パンとバスと2度目のハツコイ』でTAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。
現在、BS-TBS10月期「サワコ〜それは果てなき復讐」、TX10月期主演「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」が放送中。

関連記事

ページ上部へ戻る