【深川史那】インタビュー(前編)アイドル、歌手活動の楽しさは「お客さんと通じ合った瞬間」

アイドル・シンガーソングライターの深川史那さんは、 歌や作詞作曲、ダンス、 振り付け、日本舞踊、ギターなど多才な部分を持ち、鉄道運転シミュレーションゲーム『電車でGO!!』のテーマ曲も担当するなど活躍している。HiRToでは深川さんにインタビューを実施。前編・後編の全2回に分けて魅力をお届け。

前編では「現在の活動」や「アイドル、歌手活動の楽しさ」、「アイドルを目指すきっかけ」「多才な部分」などについて語っている。

-- 笑顔もいいし素敵な方ですね。

深川 嬉しいです。ありがとうございます。

-- 深川さんはマルチな才能の持ち主ということなので、今日は深川さんのその才能の片鱗をインタビューで聞き起こしていきたいと思っております。

深川 よろしくお願い致します。

【現在の活動状況について】

-- まずは簡単に深川史那さんの自己紹介をお願いできればと思います。

深川 深川史那です。宮崎県出身です。アイドルとシンガーソングライターとして今はライブ活動を行っており、配信等で歌を届けたりしております。よろしくお願い致します。

-- 色んな才能を持っていらっしゃると思いますけど、シンガーソングライターって本当に凄いですよね。どこから曲を作っていきますか。

深川 時と場合によりますけど、歌詞は常日頃から浮かんだものだったり文章だったり、例えばテーマを決めて小物だったらどう歌詞を書くかなとか、これを歌詞に取り入れたらどうやって書くかなというのをノートに書き溜めています。

-- ノートに書き溜めていくのですね。頭に思い浮かんだフレーズとか口ずさんだ言葉とかを録音して溜めておいたりもするのですか。

深川 そうですね。音楽も別で録って、これとこれが合うかなとか合わせたりもします。

-- パズルのような組み合わせですね。

深川 そうですね。

-- 現時点での活動というのはどのような状況で行っていますか。

深川 現時点の活動は東京を拠点にライブ活動を中心に行っております。但し今はこういう状況ですのでライブと同じぐらい配信もしながら常に歌を届ける環境にしたいなと思って活動しています。

-- 動画を拝見させて頂きましたけど、本当に歌がお上手ですね。元気をもらえるような歌い方をされるので一緒になって「最高!」って言いたくなりました。

深川 ありがとうございます。

-- イヤホンをせずにオフィスで全開で動画を流していました。しかも1曲丸々聴きました。社員に「途中で止めるのかと思いましたけど1曲丸々聴きましたね」って言われました。でもそれぐらいノってきたというか、歌が上手だから聴き入ったという感じでした。

深川 ありがとうございます。

【アイドル、歌手活動の楽しさとは?】

-- アイドルや歌手活動という部分を通じて皆さんに元気と笑顔を与えていると思いますけど、ご自身で歌手活動やアイドルの楽しさみたいなものはどういったところに感じていますか。

深川 私は、ライブ活動はコミュニケーションの場だと思っております。歌詞を伝えたりとかシンプルですけど、歌っているときにお客さんに伝わって一緒にノってくれたりとか、一緒にリズムにノって聴いてくれたりして通じ合った瞬間に凄く幸せや楽しさを感じますね。

-- 今はコロナだから直接触れ合う機会もなかなかないと思いますけど、今までの活動の中では実際に会場とかでお話しする機会も沢山あったと思います。その中で、かけられて嬉しかった言葉とかはありますか。

深川 私の作った曲を初めて披露したときに、このフレーズの歌詞が良かったよとか言われると私も生きてきた経験を歌詞にしたりするのでこの経験をしてよかったなとか、その歌詞をチョイスしてよかったなとか、細かいことですけど1個1個に喜びを感じますね。

-- 細かい自分の心の変化だとか、ここってどういう風に人に伝わるのかなとか、聴く人によってメッセージの伝わり方って若干変わったりしますよね。それが思ったような伝わり方になれば嬉しいですよね。

深川 嬉しいですね。

INORI / 深川史那

次ページ:アイドルを目指すきっかけ

固定ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る